良い点も悪い点も答えられるようにしておくのが吉

転職での面接ではいろんなことが聞かれます

 転職したいという思いだけでは、なかなか転職しようにもできなかったりします。なぜならば、面接ではさまざまなことを聞かれるので、どうしても齟齬が出てしまったりするからです。それとポジティブなことを聞かれたりネガティブなことを聞かれたりするので、どちらにも答えられるようにしておくのが鉄則です。

 

良い点についての答え方

 良い点としては、自分の実績や成功体験を問われることが多いです。こちらはこれまでやってきた職務経歴との関連も大きいので、仕事上で自分が何をやってきたかを明確にする必要があります。それと、ただ自分の実績を伝えるだけだと、相手には自慢話にしか聞こえません。それゆえ客観的に事実や数字を根拠にするようにしましょう。

 

悪い点についての答え方

 悪い点としては、自分の失敗等について問われることが多いです。大事なのは、そこで何を学んだかであり、どのように改善してきているのかということです。内容については小さなことでも構いません。小さなミスでもそういったことが再び起こらないようにするためにどういう措置をとっているかが重要なポイントになります。すでに改善されて成果が出ているならその旨を伝えるのも効果的です。


このページの先頭へ戻る